高島屋ポイントカード

高島屋ポイントカードはお買い得感の高いカードです。

高島屋は、大阪に本社のある老舗百貨店

高島屋は、百貨店業界で最も売上の大きい百貨店です。高島屋の創業は江戸時代の呉服屋まで、遡ることが出来ます。高島屋は、年商1000億円を超える店舗を4店舗持つという、歴史の長さと伝統の厚さを併せ持つ老舗の百貨店です。高島屋は、大阪に本社を構えている老舗の百貨店です。

高島屋ポイントカードのポイント制度

高島屋が発行元となっている高島屋ポイントカードには、老舗百貨店ならではのお得なポイントサービスがいっぱいです。消費者の間でも、そのサービス水準のすばらしさを知らない人がいない程です。 基本的なポイント制度は次のとおりになります。まず、利用金額に合わせてポイントが加算されるシステムが基本です。しかもポイントの加算率は100円毎に8%加算されますので、とても高いポイントの還元率が設定されています。例外としては、食料品と特価品は、100円につき1ポイントが加算されるシステムが採用されています。高島屋のどの店舗で利用してもポイントは加算されます。

高島屋ポイントカードの基本的なポイント加算制度

ポイントの加算される範囲も広く、現金での支払いは当然のことですが、タカシマヤ商品券、あるいは百貨店共通商品券で購入した際にもポイントが加算されるのはとてもうれしいサービスです。 タカシマヤカードでの一回払いとリボ払いだけは、クレジットカードを利用して購入してもポイントの加算対象となります。

高島屋カードの特別なポイント加算制度

高島屋カードは、1ポイント1円の割合で商品券と交換できます。実際の交換は2000ポイント毎に買い物券と交換する形となっています。 高島屋カードの入会資格については、18歳以上となります。 高島屋ポイントカードのポイントサービスは、さらにいろいろと制度が用意されています。まず、実際の店舗で商品の購入した時だけではなく、ネットショッピングでの利用分にもポイントは加算されるようになっています。例えば、オンラインショップの「e百華店」でカードで商品を購入するとリアルの店舗で購入したのと同じように100円につき8ポイントが加算されます。 「タカシマヤカード BOOKLINE」での書籍の購入についても、100円につき5ポイントが加算されます。 さらに、展示即売会である「ポイントアップ特別ご優待会」での特別ボーナス期間にはポイントの加算される割合は、100円につき10ポイントまでなります。

高島屋カードの提携カード

高島屋カードに付帯する提携クレジットカードはVISA、マスターカード、JCBの3つから選ぶことが出来ます。高島屋ではなく、提携クレジットカードの加盟店での買い物についても、ポイントが加算されます。加算される割合は、200円につき1ポイントと減少してしまいますが、どこで使ってもポイントは加算されます。

ポイントカード会員向け優待制度

高島屋ポイントカードは、ポイントシステムだけでも十分なサービスと言えます。ポイント以外にも特典は多数あります。まず健康診断も優待料金で利用することができます。さらに健康診断の料金に対しても200円につき6ポイントが加算されます。 また、全国300施設以上もある提携している宿泊施設の優待割引も受けられます。最大補償金額2000万円の旅行障害保険も自動的に加入できます。また高島屋各店で開催される美術展などの催し物の入場料金5割引のサービスもあります。

高島屋ポイントカードにぜひご入会下さい

高島屋ポイントカードは、年会費2100円が必要となります。また、インターネットからオンライン会員登録の場合には、初年度の年会費は無料です。 このように、高島屋ポイントカードはお得な特典が満載のカードです。ちょっと買い物をすると年会費分を取り戻すのは、簡単です。高島屋を利用する機会のある方には、ぜひとも加入していただきたいカードです。